脂肪を落として筋肉をつけるときにおすすめの食事

脂肪を落として筋肉をつけるためには日ごろの食事管理が非常に重要になってきます。
まず何よりも大切なのが、筋肉の材料であるたんぱく質をしっかりと確保することです。鳥の胸肉やささみ、魚、乳製品などの動物性たんぱく質や、豆腐や納豆などの大豆類に代表される植物性たんぱく質をバランスよくとるように心がけましょう。多忙などが原因で食事から十分摂取するのが難しいときには、プロテインの使用もおすすめです。トレーニングの前後でホエイプロテインをとると、筋合成が盛んになることが研究でわかっています。
体脂肪を落としたいなら、おすすめなのが脂質の制限です。特に夜の食事はその後活動量が減ってしまうために体脂肪として蓄えられる確率が高くなります。ラーメンなど脂っこいものが食べたいときは、せめて昼までに食べるようにするとよいです。
同じような理由で、夜の炭水化物を控えめにするのもおすすめです。さらに血糖値をあげづらい、玄米やオートミールなど低GIの炭水化物を取り入れるのがよいでしょう。ただし強度の高い筋力トレーニングをした直後は、インスリンの分泌を促し、たんぱく質を効率的に筋肉に送り込むためにも白米や砂糖などの高GIの食品が有用です。

足を細くする方法